スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト b468x060a.gif
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

月刊コロコロコミックの発行部数が前年同期比10%以上の下落 他

月刊コロコロコミックの発行部数が笑えない 前年同期比10%以上の下落

2010年7月~2010年9月 916,667
2011年7月~2011年9月 743,334
2012年7月~2012年9月 648,334
http://www.j-magazine.or.jp/magadata/?module=list&action=list


サンデーがアレでもコロコロが~が使えなくなるな!・・・

--------------------------------------

井筒和幸監督が漫画原作の安易な実写化に苦言を呈する

出演者のなかで一番初めに試写を鑑賞し、最後は拍手をしながらエンドロールを観たという桐谷は、本作について「ほんまにどっしりして“めっちゃ格好ええな”って思いました。他にはない“井筒さんにしかできへん”作品でありながら、井筒監督というクレジットを度外視しても、確固たる格好よさがありました」と感服の様子。

それを聞いた井筒監督は、昨今の邦画の傾向を振り返り「最近の映画は漫画の原作ばっかりになってしまったからね…。どうなのかな?って。作り手としては『何でこうなってしまってん?』という思いがあるよね」と胸の内を吐露。

「漫画原作が多いけど、漫画はストーリーボートじゃないんです。1コマ目から次のコマへ行間を持たせることもある。それは『漫画文化』として成立し、そこが読者を楽しませるポイントでもある」と漫画の特性を分析。それでも「だけど、それを映画で実写化したときに、映画としての作り込みもせずに作品を完成させている」と、安易な漫画の実写化に苦言を呈す。

さらに、話は制作側にも及び「作品の中での整合性を求め出したら無理があるのに、『そこは考えんといて』という制作側の意図が見える。リアリティと整合性がないのに映画を見続けるなんて感覚を僕は共感できない。理詰めでやればいいという事ではなく、1シーンごとに何にも勝るリアルを作り出すことは必須条件なんだよ」とまくし立てた。

これまで黙って耳を傾けていた桐谷は「確かに」と強く同意。「僕は(劇中で)トラックが横転するシーンがあるんです。そのときに体の動きがどう動くのか? 実際にトラックでの横転を体験できない分、ものすごく話して意見を出し合いました」と、リアルに描くことの大切さを強調していた。
http://www.oricon.co.jp/news/movie/2018126/full/


--------------------------------------

主なメディア系

家庭教師ヒットマン REBORN! : テレビアニメ化された人気マンガが完結

「ぬら孫」最終25巻に奴良組の誕生秘話明かすアニメDVD

高津カリノ、人間と妖怪のラブコメディでガンガン再登場
「俺の彼女に何かようかい」は、人間に暖かい気持ちを向けられると溶けてしまう雪の妖怪の少女と、暑苦しい直情型少年の恋や友情を描いた4コママンガ。
タイトルがダジャレw

--------------------------------------
関連記事

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト b468x060a.gif
[ 2012/11/12 ] 漫画 他 | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://notzubon.blog101.fc2.com/tb.php/2821-6596713e







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。